スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

クリスマスなので頭文字Dのハチロク飾りを作ってみた

みなさんこんにちわ~。

もうすぐクリスマスですね!
今日は、録画していた「頭文字D Third Stage」を見ていたら、ちょうどクリスマスのシーンがありました。
どんなシーンか簡単に説明しますね。

↓拓海とオヤジと茂木の、ささやかなクリスマスパーティーのシーンです。 
 
ID01b.jpg

↓茂木を家に送った後、誰もいない部屋でふと、茂木が持って来たクリスマスツリーを見る拓海。
ID02.jpg 

↓そこには茂木の手作りの、ハチロクのオーナメントが。
ID03.jpg 

↓ハチロクを見つめる拓海・・・。なんだかリア充な感じの良いシーンです。
ID04.jpg 

このあとの展開で、このオーナメントが演出に良い味を出してくれます。

そんな感じで、観終わった後突然、


ハチロクのオーナメントをつくりたくなったーーーーーー!!!www


ええ、ただの気の迷いです。

↓というわけで、早速材料を買って来たw
ID05.jpg 

ちなみに、私は手芸ができますが、なぜか”手芸”とういうと卑猥な言葉に思えるのは気のせいでしょうか・・・?
まあ、腐った大人の妄想は置いておいて、とっとと作り始めてみます。
 

↓まずは型紙を作ります。適当なコピー用紙に描いてカットしました。
ID06.jpg 

↓ハチロクのボディを作るため、白いフェルトに2枚分の型を取ります。
この鉛筆は色鉛筆ではなく、手芸専用のチャコペン。
 
ID07.jpg 

↓ボディをくりぬきます。
ID08.jpg 

↓次にボディの黒い部分を作るために、型紙をカットします。
ID09.jpg 

↓黒いボディ部分は、アイロン接着できるフェルトです。ここもチャコペンで型を取ります。
ID10.jpg 

↓フェルトから切り抜きました。
ID11.jpg 

↓はい、ここまで切り抜いた材料を並べてみます。おお、これだけでもパンダトレノっぽさが出てきました。
ID12.jpg 

↓ではさらに型紙からボディのグレーの部分を切り分けます。
ID13.jpg 

↓パーツが小さいので、チャコペンは使わず、セロテープでフェルトにくっつけて、そのまま切り抜きます。
ID14.jpg 

↓さっきのボディに乗せてみました。こんな感じ。(上の方が小さく見えるけど、パースが付いてるだけです)
ID15.jpg 

↓最後に型紙からガラス面をカットします。
ID16.jpg 

↓これで、全てのパーツは切り抜きました。白いフェルト以外は全部アイロン接着できるフェルトです。
ID17.jpg 

↓パーツの配置に気をつけながら、アイロンでくっつけていきます。
ID18.jpg 

↓全パーツがくっつきました♪
ID19.jpg 

↓さて、ここからは、両面を縫い合わせていきます。
一針、一針、茂木の気持ちになりながら、拓海を想い、縫っていきますw
けして、 涼介や啓介の気持ちになって、拓海を想ってはいけません。。。
 
ID20.jpg 
縫い始めて気が付きましたが、意外にアイロンでくっつけたフェルトが堅かったので、指抜きで針を押し込みながら、ペンチで引きぬいて、縫い進めていきました。

↓さて、だいたい縫い終わったら、綿を詰めていきます。
ID21.jpg 

↓詰めたら、残りを縫います。だいたいこのくらいの厚みかな?
ID22.jpg  
 
↓あとは紐をつけて完成です!わ~い、できたー^^
ID24.jpg 

↓ アニメのカットと比較してみます。
ID25.jpg 
ID26.jpg 
そっくりにできました~♪ 茂木の気持ちも再現できたかな~^^;

↓引いてみると、こんな感じです。ツリーは我が家に無かったので、折角だし似たのを買ってきました。
ID27.jpg 


というわけで、今日は茂木のハチロクオーナメント作りをご紹介しました。
高校生の女子から、手作りのプレゼントって、いいですね~^^


そうそう、「頭文字D Third Stage」は涼介の告白を、いろんなエピソードを通して拓海が受け入れると言う、良いお話でした^^

・・・。

最後にぶち壊してどうすんだ自分orz

ええと、みなさんもハチロクオーナメント作りに挑戦してみてはいかがでしょうか~!

メリークリスマス~~~!

拍手する

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Autodesk 3December 2012

Autodesk 3December 2012
http://www.info-event.jp/autodesk/3dec2012/

みなさんこんにちは!今年も行ってきました!
Autodesk 3December 2012です。
さて、このブログでは制作事例のレポートはAREAや他の方の記事にお任せするとして(おいw)、Autodeskファンらしく誰もレポートしないであろう(ヒドイw)、オートデスクさんのプレゼンをレポートします!


まずはおなじみの外観の、ラフォーレミュージアム六本木です。
20121207_1 

↓開場直後の会場内の様子です。
20121207_2 



■13:00 - 13:15
ご挨拶
 オートデスク メディア & エンターテインメント
 吉崎氏


◆Autodesk360
・コアプラットフォームテクノロジー
 レンダリング
 シミュレーション
 最適化
・ソリューション
 Autodesk PLM360
 Autodesk Simulation360
 Autodesk Fusion360


※PLMとは(Products Lifecycle Management)です。

◆日本のエンターテイメント市場の状況
 3DCGビジネスは1位米国、2位日本
 国内はハイクオリティなコンテンツ制作のニーズがある。
 ソーシャル、モバイル系が2Dから3Dに代わってきている。


◆日本のマーケットでの課題
 ・コストの問題
  ・開発、制作にかかるコストが増大(日本の税制も課題)
  ・複雑な開発プラットフォーム、制作期間の長期化
 ・開発場所の問題
  ・自社
  ・国内外部委託
  ・海外外部委託
 ・人材の問題
  ・より幅広い知識、経験が求められる
  ・新規人材を確保することが困難になっている

◆オートデスクの取り組み
 ・ハイエンドテクノロジの追求
  ・DirectX11テクノロジへの対応
  ・4Kテクノロジへの対応
 ・テクノロジの水平展開
  ・モバイル、ソーシャルゲーム向けソリューション
  ・Smork for Macによるプロフェッショナルな個人の映像ソリューションへの展開
 ・お客様のご意見を製品開発へフィードバック
  ・日本のお客様の声が重要
 ・海外のサポート


◆3Decemberの意義
 ・多くのユーザー様の交流の場
 ・様々な作品、技術手法の成果を共有
 ・オートデスクとパートナーのテクノロジの共有
 ・???(失念しました)
 ・人材交流の場

 ・学生やフリーランスの方へ
  ・CGに関わる文化や産業を支える若い力に期待
  ・幅広い技術、知識、経験などを獲得する機会の増加
  ・コミュニケーション能力も重要


なるほど、オートデスクさんは市場の状況とユーザーのニーズを先読みして、サービス展開をしていこうとしていることが覗えますね。
DCCツールの最大手ともあり、この情報は説得力があるのではないでしょうか。
って、途中書き取り損ねましたorz



■13:15 - 13:35
Autodesk Smoke 2013 デモ
 オートデスク メディア & エンターテインメント
 宋氏 藤田氏


藤田氏(女性)の軽快で萌えな説明に被せての宋さんの補足という、夫婦漫才のような微笑ましいプレゼンでしたw
まず、Smorkって?という説明から始まりました。

↓プレゼン資料を描き起こしましたので、ご覧ください。 ※クリックで拡大します。
20121207_history
で、ただ描き起こしただけじゃつまらんので、皆さんにもお馴染の御三家とMBも追記しました。


なんと!SmorkとMayaは同い年だったんですね!!!
ひょえ~~~~、SmorkのUIはちょっと古さを感じたのですが、まさか同い年だったとは!
ちなみに御三家で最年長のMaxさんはUIをリボンに変えてかっこよくなったようですが、いかんせん縦長に広がるウインドウは寄る年波を隠せない感じですねw
そうそう、2013からはSmorkのUIが、Final Cut ProやPremiereのような、なじみやすいUIに変わりました!


コネクトFXは直感的に操作でき、簡単に色々な編集が可能になったようです。


では以下の各社さんの制作事例では、特に記憶に残ったポイントをお伝えします。

■13:35 - 15:05
デジタル・フロンティア最新制作事例 ~ 師走の豪華 3本立て! ~
 株式会社デジタル・フロンティア
 吉村氏、土井氏、堀部氏、下澤氏

「おおかみこどもの雨と雪」
「biohazard Damnation」
「鉄拳 タッグトーナメント2」

★ポイント
・爆速(着火した瞬間にどこまで広がるか、爆発範囲までの到達の速さの事)
・おっぱい揺らしはMayaのスプラインIKとMaya hair
・モブ作成ツールの名前は、Mocoly(モッコリー)。今は改名してムッツリーになった。



■15:30 - 15:50
スポンサープレゼンテーション
 日本ヒューレット・パッカード株式会社
 エヌビディア ジャパン
★ポイント
・HPZ400が9万円台という、3DCGをやるにしてはお手頃プライス。



■15:50 - 16:50
WOW 流 ヴィジュアルエフェクトの作り方
~SIGGRAPH Electronic Theater 入賞の「SUIREN」メイキング ~ (仮)
 WOW 金原氏

★ポイント
・SUIRENとBIOHAZARD 6 のロゴムービーは、Maxの標準機能を駆使。
・テクスチャー大事。


■17:15 - 18:45
BIOHAZARD 6 メイキングストーリー
 株式会社カプコン
 平林氏、福井氏、黒田氏、宮崎氏、村上氏
 株式会社ジャストコーズプロダクション
 山田氏

★ポイント
・前作の2倍以上のカットシーンは便利ツールとアニメーターの根性。



PV上映中に、なんだか足下がガタガタ、ゾワゾワするなーとしばらく状況が掴めなかったのですが、ふとTwitterを急いで確認したら、「揺れてる!」の文字が。そう、震度4の地震が来ていました。
PV終了後、ざわつく会場にカプコンの方が「もし危なかったら、すぐに逃げて下さいね!」って言って下さったのが嬉しかったです。
その後も、地震警報が鳴ったようでしたが、何事もなくて良かったです。



さて、今年はASK Autodeskが無かったんですが、アンケート用紙に質問欄があって、後日AREA内で公開してもらえるようですので、楽しみに待ちましょう~。


はい、恒例のお土産です~。
20121207_4
2013年バージョンのノートです~^^
アイコンが大きくなってかっこいいですね。


そうそう、会場を出たらイルミネーションが綺麗でした~。
20121207_3 


オートデスクさん、また来年も楽しみしてます~。

講演者の方、参加者のみなさまも、お疲れ様でしたー。

拍手する

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

CEDEC2012

すっかり遅くなってしまいましたが、CEDEC2012のレポートです。
今回は3日間フル参戦してきましたが、全部をレポートすると大変なので、やっぱりここではオートデスクさんのセミナーを。


■■8月20日(月)■■

14:50~15:50(60分)
[スポンサーセッション]
■最新リアルタイムグラフィックス、Direct X 11に対応したAutodesk Maya
マイケル・アシュワース (Autodesk, Inc.)

http://cedec.cesa.or.jp/2012/program/PG/C12_PR0256.html

このマイケル氏がAlias Wavefront社時代からMayaの開発に関わっている方と言う事で、聞きに行きました。

・ViewPort上でゲームの実機に近い絵で見られるようになる。
・Maya2013 エクステンションでDX11をサポート。
・ベクターディスプレイスメントマップが使える。
・ウーバーシェーダー
 ドロップシャドウのトランジションを変えられる。
 リムライトも調整できる。
 メッシュの細分化をパフォーマンス良く行える。
・ViewPort2.0はまだ開発は終わっておらず、今後も速くなっていくそうです。

などなど、映像業界のみならず、ゲーム業界向けにもMaya上でのフィニッシュが確認できるようになってきた感じでしょうか。
 

ちなみにマイケル氏は、なんと日本語でプレゼンされてました!すごいです。


というわけで、戦利品です。

カップ、付箋、そして傘です。

20120820_01 

傘を開いてみました。
20120820_02 
傘にロゴは無かったw ズコーw


拍手する

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Autodeskのナイロンバッグいただきました!

去る4月12日に行われた、「新バージョン発表セミナー」ですが、オンデマンド配信に参加しアンケートに回答した方から、抽選で5名にINCASEナイロンバッグが当たるという企画がありました。

http://www.info-event.jp/autodesk/anim-sp-seminar/

このバッグ、欲しいなあと思いつつ、抽選で5名では流石に当たらないか~と(※今気がついたけど、これって直接会場に行った人には抽選権が無かったのねorz)、バッグの事も忘れかけていたつい先日、TwitterにDMが届きました。
内容は、京都の会社に勤めているという方からで、Autodeskのバッグが当ったので、チーム内でこれをどうしようかと検討したところ、なぜか満場一致で「こののさんにプレゼントしよう!」という事になったそうです。


ええええええええええ!!!????

なぜ満場一致でBL漫画を読んでいるぅうう????


そんなおり、ちょうど東京へ出張する機会があるので直接お渡ししたいのですがいかがですか?、という内容だったのです!


おおおおおおおお!!!
なんという親切な方々がこの世の中にはいらっしゃるのでしょうか!
というわけで今日、その京都のOさんという方と直接お会いして、バッグをいただいてきました!

こちらです♪

じゃーん。表はシンプル♪
20120606_01

裏にAutodeskのロゴが(*^^*)
20120606_02 

ロゴ部分UP!最近はこの組み合わせなんですね。
20120606_04

大きさの比較のために、2Lのお茶を置いてみました。でか!
20120606_03 

説明書きを見ると、すごく機能的!
20120606_06

いっぱい収納があって、これは実用的!!
20120606_05

わざわざ京都から、こんな大きなバッグを持って来て下さったOさん、満場一致のチームの皆様、本当にありがとうございます!
大切に愛でます!


いや~、それにしても、AutodeskへのBL愛は、500キロの距離をも超えてしまうのですね!
Autodesk、恐るべし!

拍手する

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

【AutodeskでBL】第40話UPしました

konono_banner_com03

先日の「Maya, 3ds Max, Softimage 新バージョン 2013 発表セミナー」のレポートです!

なんですが、まずはみなさん、特にMax、SI、Mudboxのユーザーさん、ごめんなさい。
今年はちょうどこの日に、外せない打ち合わせが入ってしまって、夕方からのMayaとMBしか見れませんでしたorz

なので、物足りないかもしれませんが、ご勘弁ください。。。

そして、なんか文字がいっぱいになってしまいましたorz
まあ、毎年バージョンアップの内容がたくさんあるって事でしょうか。
うれしいですが、まだ2012なんて全然使いこなせてなかたり(^^;)


拍手する

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

Maya, 3ds Max, Softimage 新バージョン 2013 発表セミナー

Maya, 3ds Max, Softimage 新バージョン 2013 発表セミナー
http://www.info-event.jp/autodesk/anim-sp-seminar/

に行ってきました!
秋葉原駅前のUDXビル4Fにある会場前にあったプレートです。
20120412_1

この中に入ると、受付があり、いつもののぼりがたくさん飾ってありました。

会場はいつもよりちょっと狭くて定員100名くらいの部屋ですが、今回はライブストリーミングも行っていて、わざわざ会場に足を運ばなくても見られるので、会社や自宅から見た人も多かったんじゃないでしょうか。

さて、例によって内容のレポートはまた後日詳しくということで!

いつものように帰り際に、アンケートを提出するとノベルティが貰えました♪
じゃーん。今日のはこれ。
20120412_2 

ん?なんだ、どこでも売ってるただのスケッチブックか。。。

つまんないのー・・・

・・・

と思ったら違ったーっ!!
20120412_3 

こざかしく、さりげなくアイコンとロゴが入ってたー!!!wwww

これはやられましたw

拍手する

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

オートデスクのポーチ

先日、またもや先輩Kさんから、ノベルティを貰いました!
(先輩、いつもありがとうございます!)

じゃーん。ポーチです♪
20120319_01
 
これは、なかなかにステキですよ。

↓内側にもファスナーポケットがついていて、さりげなく実用的です!
20120319_02 

それにしても、このアイコンの並びはちょっと珍しいですね。
先日のGDCでGamewareに関する驚きの発表があったようですが、こちらに関連しているのでしょうか。

[GDC 2012]Autodesk,ゲーム関連ミドルウェア「Gameware」の最新版を発表。
Wii U開発向けに任天堂へのライセンス提供も開始
http://www.4gamer.net/games/032/G003263/20120308064/

アイコン部分だけUP
20120319_03 

FBXを頂点にいろんなアイコンが繋がっていますが、これはFBXを介する事でこれらのソフトウェアが繋がる事を示しているのでしょうか。とてもメッセージ性を感じるデザインですね!

しかし、なぜSoftimageが真ん中なんだろう・・・?

これでは、まるで総・・・・う。。。。?

いやいや、それはともかく。。。
ぼーっと眺めていると、左の3つは‘‘波に押されたお魚を捕らえようとする鷹‘‘に見えて来ましたw
っていうか、ソフトウェアとはまるで関係ない・・・orz

拍手する

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

マウスパッド3種類

先日、会社で3種類のマウスパッドを頂きました。
とある部署で物置きを整理していたら出て来たそうで、誰も気に留めなければ捨てられる運命だったそうです。
なんて勿体ない。先輩Kさん、救ってくださり、ありがとうございます!

というわけで、まずは一つ目!

XSIの開発コードネーム、SUMATRAの文字が入ったSOFTIMAGEのマウスパッドです!

20120227_sma 
実はこれ、以前ももっらった事があり、ここでも紹介した事がありました。 ただ以前頂いたものは、袋は無く、裏側が劣化していたのですが、今回は未開封で状態も良いです!やったー♪

そして2つ目。

20120227_sig

かなり古そうなSilicon Graphicsのものです。
今の学生さんくらいの歳の方はピンとこないかもしれませんが、1990年後半頃までは、MayaもSoftimageも、このSilicon Graphicsのマシンでしか動かせず、Windowsで動いていたのは、御三家の中ではMaxだけでした。
たしか先輩Kさんの話だと、このマウスパッドはSilicon Graphicsのマシンを持っていないと、手に入らなかったものだそうです。
デスクの引き出しの奥に、しまってある方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

さて、3つ目です。

20120227_ali 

Aliasキターーーーーー!!!

キズだらけで、とても状態のよいものではありませんが、なんとなく見覚えがあります!
右の恐竜の下に小さい文字で、このスクリーンショットはILMのものである事が書かれています。
ということはこの恐竜はジュラシックパークで使われたモデルなんでしょうか?

20120227_ali02 

しかも、これ、Alias社の歴史の中でも最も古い、Alias Research社の名前になっています。
そして良く見ると、日本の住所が書かれています。
日本の支社が高輪にあったんですね。
ん?ということは、これは日本だけのノベルティなのでしょうか?
うーん、だとするとこれは貴重ですね。


というわけで、今回はどれも歴史のあるものばかりでしたね。
みなさんもご自分の歴史を掘り起こしてみてはいかがでしょうか?

・・・。
オチがないので、なんとなくかっこよさそうな事を言ってみました。
では!
拍手する

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

オートデスク製品アイコンの意味と成り立ち

aicon
昨年12月に開催された3December 内の質問コーナーAsk Autodeskで保留になっていた「オートデスク製品アイコンの意味と成り立ち」の回答がAREAに掲載されたようです。
Autodesk 3December 2011レポート はこちら。


オートデスク製品アイコンに関する質問への回答
http://area.autodesk.jp/information/icon/


これは読みごたえがありますね!
Maxは2頭のヘビなんでしょうか?絡み合ってる感じでかっこいいです。
Mayaはワイバーンだったんですね。ひいき目ですが一番かっこいいです^^

20120225_maya1   

なんだってーーーーーーーーーーっ!!!!

やはりそうだったんですね!
先日、職場の人と「これってMayaの文字が隠れているんですかね?」って話をしたばかりでした。
むむむ、難しいけど、そう言われてみれば、よ、読めますよ!

XSIも文字が入っていますが、こちらは分かりやすいですね。
Mudboxは初めて見た時、なめくじに見えました。ごめんなさいorz
FBXは、以前のXからすごくかっこよくなって好きです。


おまけのDiscreet 時代のアイコン、これは知りませんでした!
これはこれで、かわいいですね。

しかし、MotionBuilderよ、なぜ波なのか。。。
波といえば、LightWave!

lightwave_icon

およ?見ようによってはLightWaveも波のような、爪のようなデザインですね^^;

それにしても、長年の・・・ここ数年のアイコンの疑問が解けました。ありがとうございました。
あ。いや。まだ疑問が・・・。

flint
flintはいったいなんなのだろう・・・。
なんとなく、想像はつくのだけど名前が出てこない・・・。

うーん。。。

柿?

orz
拍手する

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

アロンソまでもが!?これは三角関係か!?

今回はF1のお話です。

まずは以下の画像をご覧ください。
キミ・ライコネンの復帰をフェルナンド・アロンソも歓迎しているとのこと。↓

20111224_alo_kimi01 
※F1-Gateさんの元記事はこちらです。

ちょっとここで、ご紹介しておきますと、フェルナンド・アロンソは、2005年と2006年のワールドチャンピオンであり、ライコネンがF1を辞めた後、代わりにフェラーリに移籍して来ました。
彼は、2005年で当時最年少ワールドチャンピオンの記録を樹立した、とても有能なドライバーです。
(2011年現在、最年少ワールドチャンピオン記録を持つのは、セバスチャン・ベッテルです。)

そんな、先輩ライコネンの復帰を歓迎の記事が出た後に、以下をご覧ください。↓

20111224_alo_kimi02 
※F1-Gateさんの元記事はこちらです。


アロンソ離婚て、

えええええええええ!!!???


そ、そんなにライコネンが好きですか?

・・・

セバスチャン・ベッテルにとって、大物ライバルの出現の予感

来年のF1はますます目が離せないね!



※あくまで、このの の妄想です。
拍手する

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。