FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Project Skylineに萌えたw

今日はすごい記事を教えてもらって、すごく感動したのでこちらにUPしておきます!

[GDC 2011]Autodeskに聞くゲーム開発ミドルウェアの新展開,
「Project Skyline」はゲーム開発に革命をもたらすか
http://www.4gamer.net/games/032/G003263/20110309063/


アニメーションのクリップを管理するミドルウェアはありますが、SkylineはMaya上で出来るんですってよ~!

わーーー!その手があったかーーー!すごおおおい!


って、何がどうなのよ?と、ゲームアニメーターじゃない方にはピンと来ないかもしれないので、ご説明します~。

まず通常のインゲームアニメーションの作り方だと、DCCツールでアニメーションを作成し、プログラマーに実装してもらうわけですが、アニメーションの遷移やブレンドの加減というのは、実装の都合によってはなかなかアニメーターの思い通りの結果が得られない場合も多く、何度もデータを作りなおしてみたり、プログラマーに手間のかかるお願いをしてみたりと、いろいろと労力が必要です。

そこで登場したのが、Morphemeや、Havockなんかのミドルウェアなんですね。
これらはアニメーターが自分でアニメーションのクリップ同士を関連付けして、プレイヤーのパッドの入力に対して、どういった遷移をたどるか、どういったレスポンスを返すか?といった設定を付けられるわけです。
とても便利で優れたソフトウェアですね!

ですが、それでもやはりアニメーターは、DCCツールと、ミドルウェアと、実機の間をある程度は行ったり来たりしなくてはいけません。
それが今回発表されたSkylineなら、Mayaひとつですぐに確認、調整が出来るようになるわけです!

どうです!?すごくないですか?
もう考えただけでわくわくですよ!

しかも、御三家のうち、Mayaから実装してもらえるなんて!
って、あれ?ゲーム分野はSIが注力してたんじゃ。。。
ゲフゲフ。
まあいずれ、SIとMaxにも実装されるようなので、楽しみですね!

やー、ほんと、すごいわ。その発想は無かった。
Autodeskさん、ありがとう!
ここんとこ忙殺されてたけど、久しぶりに萌えました。
デモ画面見てると、HIKも良い感じですねー。むふう。Mayaとビルの愛の力ですなw

というわけで、楽しみですよ~。
拍手する

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。