FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

CEDEC2010 2日目!

行ってきました! CEDEC2010 2日目です。

9/1のプログラムはこちらです。
http://cedec.cesa.or.jp/2010/schedule/day2.html


11:20~12:20
人を楽しませるプロデュース

すれ違い通信では、ドラクエは大勢の人が同時期に遊んだ事、年齢の高い声の大きな人たち(情報発信する人)が多かった事が成功の理由だった。
逆にポケモンは、年齢層が低く長期スパンで売れるタイトルだったため、あまり広がらなかった。
しかし、ポケモンは全年齢対象というこだわりを貫いて、ゲームデザインを徹底しているそうです。
お客さんへの変わらない安心感と新しい刺激。
そんな感じのお話でした。


お昼はコスモワールドの観覧車を眺めながら優雅に・・・と言いたいところですが、あと15分で次のセッションが始まる!という短い時間で酢豚定食をかっくらいましたw
20100901
 

13:30~14:30
3Dアニメータの今後の課題について 多様化するアニメーション制作環境について考える

毎年満員で入れなくなる人も出てくるラウンドテーブルです。
今年は大塚康生さんの対談と時間がかぶってしまったため、会場内はちょうど定員くらいでした。
携帯機向けにアニメーションを作成する場合は、シルエットを大切にして作成するのがコツであるとか、ミドルウェアを利用した場合アニメーターはどのいう感じでドリブンに関わるのかとか、例年よりもずいぶん具体的な内容でした。


14:50~15:50
スーパーマリオギャラクシーを作る。
~3Dマリオを作りながら考えてきたコト~

3D独特の問題である、箱庭マップで迷う、カメラに酔うという問題を、球状の地形にすることで、丸い地形なので迷っても元の位置に戻ってこれるし、カメラもビハインドビューにして安定できるという事で解決したそうです。
だからスーパーマリオギャクシーは球状のステージばっかりだと。
そんなステージばかりだから、宇宙という世界観になったそうです。


16:30~17:30
Alienbrainを用いたアセットマネージメントの最新動向について
~Alienbrain運用事例とAutodeskFBXによるデータライブラリ化

今更ながら、ちょっと知りたい事があったので、見てきました。
ざっとAlienbrainの説明や事例などを紹介してました。
こういうツールって、画像はすぐにサムネイルで表示されて一覧できるので便利だけど、アニメーションってDCCツールでデータを開けてみないと確認できなかったりするので、常々不満だったのですが、どうやら、FBXで保存しておくとクイックタイムで閲覧できるそうです!
なんと!知りませんでした。
Alienbrainすごいな。
んで、ビルってすごいな!

今日やっと初めて、ちょびっと萌えたセッションでした。
いや、別に萌えのためにCEDEC視察してるわけじゃないんですけど、なんかね。
あると、うれしいじゃないですか^^/ てへへ。
拍手する

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。