スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

CEDEC2012

すっかり遅くなってしまいましたが、CEDEC2012のレポートです。
今回は3日間フル参戦してきましたが、全部をレポートすると大変なので、やっぱりここではオートデスクさんのセミナーを。


■■8月20日(月)■■

14:50~15:50(60分)
[スポンサーセッション]
■最新リアルタイムグラフィックス、Direct X 11に対応したAutodesk Maya
マイケル・アシュワース (Autodesk, Inc.)

http://cedec.cesa.or.jp/2012/program/PG/C12_PR0256.html

このマイケル氏がAlias Wavefront社時代からMayaの開発に関わっている方と言う事で、聞きに行きました。

・ViewPort上でゲームの実機に近い絵で見られるようになる。
・Maya2013 エクステンションでDX11をサポート。
・ベクターディスプレイスメントマップが使える。
・ウーバーシェーダー
 ドロップシャドウのトランジションを変えられる。
 リムライトも調整できる。
 メッシュの細分化をパフォーマンス良く行える。
・ViewPort2.0はまだ開発は終わっておらず、今後も速くなっていくそうです。

などなど、映像業界のみならず、ゲーム業界向けにもMaya上でのフィニッシュが確認できるようになってきた感じでしょうか。
 

ちなみにマイケル氏は、なんと日本語でプレゼンされてました!すごいです。


というわけで、戦利品です。

カップ、付箋、そして傘です。

20120820_01 

傘を開いてみました。
20120820_02 
傘にロゴは無かったw ズコーw


拍手する
スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。