スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Softimage感謝祭に行ってきました

昨年2014年12月18日(木)に行われた、Softimage感謝祭に行ってきました。

会場は、品川駅にあるダイキンさんです。
ここに来たのは、もう10年くらい前にXSIの講習を受けに来て以来だったので、懐かしかったです。

写真は立食パーティの最中にプレゼンされていた、SIの歴史です。
最初の方は、ご飯食べてて撮り逃しましたw ごめんなさい。
ちょっとブレているのもありますが、ご容赦ください。

DSC_1058.jpg 
SIと言えばモジュールですよね。

DSC_1059.jpg 
「最初は、SOFTIMAGE Creative Environmentと呼ばれていた」 ここ重要!

DSC_1061.jpg 

DSC_1063.jpg 

DSC_1064.jpg 
↑ノードベースの図

DSC_1066.jpg 

DSC_1067.jpg 
SIと言えば、Jurassic Parkですね。

DSC_1069.jpg 
当初のDIGITAL STUDIO構想

DSC_1070.jpg 
SIさえあれば、フィニッシュまでできる構想だった!?

DSC_1071.jpg 
Microsoft来た!

DSC_1073.jpg 
ゲイツ!

DSC_1074.jpg 
懐かしい!

DSC_1075.jpg 

DSC_1077.jpg 
実はこの時のUIには、まだ 「SOFTIMAGE Creative Environment」の名前が残っています。

DSC_1078.jpg 

DSC_1080.jpg 
認定バッジがあったんですね。

DSC_1079.jpg 

DSC_1081.jpg 
SOFTIMAGE|DSとは、「SOFTIMAGE DigitalStudio」のことです。

DSC_1083.jpg 

DSC_1087.jpg 
「DigitalStudio」の名前が見えますね。

DSC_1088.jpg 

DSC_1089.jpg 
こういう構想だったんですね。

DSC_1092.jpg 

DSC_1096.jpg 

DSC_1097.jpg 

DSC_1099.jpg 
ww泣ける!

DSC_1100.jpg 
Avid来た!!

DSC_1104.jpg 
渋谷をジャックして、大きく広告を打っていた事も!


このプレゼン中、今だから言えるぶっちゃけ話も聞けました。
残念ながらここに書くのは、はばかられるのですが、とても面白かったです。

ダイキンさん、Autodeskさん、ありがとうございました!

そして会場に来ている人の中には、まだまだSIを使いたいと思っている人が多いことも感じられました。
実際、現場では絶賛活躍中ですしね!


拍手する
スポンサーサイト

CEDEC2014 Mayaレポート

CEDEC2014の2日目にあったAutodeskのセッションレポートです。
今回はアーティスト向けの内容は少なく、テクニカルなお話が多かったので、いつもの漫画ではなく文字ベースでのレポートにしました。

CEDEC2014.09.03 13:30~14:30
Autodesk Maya 最新開発環境について

今回のハイライトはこの3つです。
(1)Maya .NET API
(2)FBX Extension SDK
(3)Capture Device開発環境

(1)Maya .NET API
・MEL:コマンド群、スクリプトエンジン
・C++API:Mayaの基本API
・Pythonコマンド:MELコマンドのPython版、スクリプトエンジンはPython
・PythonAPI:C++APIをベースとした、PythonicなAPI

Maya .NET Framework
・ソフトウェア開発環境、実行環境
・非言語依存、各言語のコンパイラは中間言語を出力
・代表的な言語はC#
・共通実行環境で中間言語を実行時にネイティブコードへ
・COM (Compornent Object Model)なWindows APIとの連携
・.NET Frameworkランタイムのインストールが必要
CEDEC2014_01 

Microsoftの.NET Frameworkを組み込んだ新しいプラグイン
開発用のAPI
・C#をサポート
・.NET SDKライブラリを使用できる
・コンパイル(中間)するための実行スピードが速い
・C++APIクラスのプロキシ
・Maya2013ex2からサポート
・Maya2015は.NET Framework4.5をサポート

●C++より優れている点
・C#がモダン 全体的に書きやすい
・GUIが作りやすい WPFに対応(Windous Presentation Foundtion) 
・LE numerable<T>インターフェイスに対応
・コード実行中に動的コンパイルが可能
・C#以外の言語も使用可能
・マネージコードによりメモリの管理が容易
・LINQでデータのクエリ
・他のパイプライン、ソフトウェア、ネットワーク、ツールと連携

●C++より不利な点
・ネイティブコンパイラを通さないためC++コンパイラより若干実行速度は控えめ
・サポートはWindousのみ
・プラグインのアンロードが完全に完了できない(.NETの仕様)

↑リコンパイルの時、一度掴んだ.dllが予約された状態になってしまうそうです。
対応策としては、Mayaを再起動しないといけないとのこと。

JScript
.NETの対応言語に対応している。
・C++で書いたウインドウをメインウインドウにドッキングできる。
・MudboxをMayaのウインドウにドッキングできる。
CEDEC2014_03
↑なお、ドッキングできるウインドウは、Top,bottum,Left,Rightの4つです。 

CEDEC2014_04 

(2)FBX Extension SDK
FBXプラグインの機能拡張をすうことができるSDK(C++)
CEDEC2014_02
・ユーザー定義のカスタムデータをFBXファイルに格納できる
・FBXファイルのインポート/エクスポート時に動作
・コールバック関数内でデータの処理
・Mayaではfbxmaya.mllに対して機能を拡張
・3ds Max,MotionBuilderにも対応
・ユーザー定義のカスタムファイルPhantomフォーマットも開発可能
CEDEC2014_05 
ただし、Maya2015に対応したものはまだリリースされていないので、お待ちください。

(3)Caputure Device開発環境
モーションキャプチャなどの外部デバイスからデータをMayaへ入力するための開発環境
・新しいAPI:MPxTheadedDevice クラス
 Maya DGとは別スレッドのループを提供するプラグインノードを開発可能
 Maya2013からサポート
・従来タイプのMotion Capture API(libmocap.lib)よりも開発が容易
 Motion Capture APIはサーバーアプリケーションに組み込み、Mayaとネットワークソケットで通信させる仕組み(シリアル通信にも対応)

Kinectからのモーションキャプチャーがより簡単になりました。リップシンクもできるようです!

というわけで、今回は新しい開発環境に焦点を当てたセッションでした。
テクニカルアーティストにとっては、よりカスタマイズしやすくなってきた感じですね。
私としては、プログラムを書けないアーティストでも、簡単なスクリプトを組めるノードベースのソリューションがあるとといいなあと思うのですが、今後に期待したいですね。

拍手する

3Dデータ来ました!

さて、CEDEC2日目にAutodeskブースで撮影してもらった3D Photoですが、翌日データが届きました!
しかも、差出人は門口さんです。ありがとうございます!
20140903_04 
iPhoneを何台もつないで、被写体を囲んで撮影していますね。

そして、届いたFBXをMayaにインポートしてみました。
 cap02
顔はぼかしを入れました。分かりにくくてすみません。
でも体のほうを見て頂ければ分かるかと思いますが、写真がそのまま3Dになってる感じです。
服の反射、CEDECパスもそのままですね。
ついでに背景もくっついてて、何かのスタンドが出てますw

cap02w
ワイヤーフレームですよw

cap01 
「後ろの方はライトが弱くて綺麗にキャプチャーはできないかも」と聞いていたのですが、本当に前面だけレリーフみたいになってます。

cap01w
こちらもワイヤーフレーム。

それにしてもすごい頂点数ですね。
そういえば昨年のCEDECで、撮影したデータに欠損した穴があっても、Mudboxなら再計算して綺麗にしてくれたり、リダクションしたりが思い通りに出来ると説明されていました。
なんかいろいろ面白いことが出来そうな技術ですね。

みなさんもぜひ、どこかで展示があったらトライしてみて下さい!


拍手する

CEDEC2014 2日目行ってきました

 20140903_02 

CEDEC2日目行って来ました。

http://cedec.cesa.or.jp/2014/


20140903_01
良い天気です。


今日はAutodeskさんのMayaのセッションを聴講してきました。
内容は以下の3つでした。

・Maya .NET API
・FBX Extension SDK
・Capture Device開発環境

今回はテクニカルな話が多かったですが、なかなか面白い話もありました。
詳しいレポートは、また週末にでもしたいと思います。

写真は、セッションのお土産です~。
20140903_03 
汗拭き用のウエットテッシュとペンです。


そして今年のAutodeskブースはこんな感じです。
20140903_04
本日のセッションが全て終わった後の、空いている時間にお邪魔しました。
なんと、自分の顔のキャプチャーができますよ。

実は昨年の3Decemberで、このReCapが出展していて私は試してみたのですが、残念ながらうまく撮影できませんでした。
なので今日は、リトライしてみました。データは明日のお昼ごろに、メールでお知らせが来るそうなので楽しみです。

さて、そんな風にAutodeskさんのブースで遊んでいるとスタッフさんに
「今頃は、CEDEC AWARDSで門口がSoftimageの事で吊し上げられていることですよw」
と。

な。

な。

なんですとーーーーーー!!!???

完全にノーチェックでした。

あほか自分っ!!!orz

武藤さん、教えてくださってありがとうございました!


というわけで、会場に行けなかった方、生中継を見逃した方、知らなかった方、ニコニコ動画のプレミアム会員なら、AWARDSの様子が見れますので是非ご覧ください!

http://live.nicovideo.jp/watch/lv191086954

涙無くては見れません。「モントリオール」と聞いた瞬間、うるうる来ました。
門口さんがちゃんと、Softimageのパーカーを着ているあたり、ほんとににくいです。

それにしても、今日Autodeskブースで門口さんの後ろ姿を見かけた時、シャツに大きくMAYAって書いてあって、ものすごく違和感がありました。
実はよく見たらMaxをはじめ、ほかのソフトの名前も小さめに書いてあったんですけどね。
そのくらい、門口さん=SIのイメージが強かったんですね。


CEDEC AWARDSにノミネートしてくれて、CEDEC運営委員の方々にも感謝ですね。
投票してくださった方にもほんとに感謝です。
SI、愛されすぎですよね。

拍手する

The day of 3ds Max ~新バージョン2015発表セミナー~

昨日に続いて、行ってきました。
The day of 3ds Max ~新バージョン2015発表セミナー~ です。

http://area.autodesk.jp/event/maxday/

はい、内容はまた今度詳しく・・・、というわけで、恒例のお土産です。
って、昨日もこのフレーズ聞いたわwww
というツッコミは置いておいて、2日間連続イベントの良さは何か!?
それはお土産を2つゲットできるということだ!!
そして今回は、いったい何に使うのか分からないこのノベルティを、1つ開けて確かめる事が出来るのだ!
もちろん残り1つは保存用。

20140418_01 

↓さあ、開けてみた。ファスナーの内部。なにも無い。なんだこれ?
20140418_02 

↓4ツ角に、オス、メスのボタンがありますよ。これがきな臭いぞ。
20140418_03 

↓留めてみたぞ!こういうことか!?しかしこれどう使うんだ?
20140418_04 

↓いや、縦長にするのかも。
20140418_05 

↓さらに表裏をひっくり返してみる・・・。
20140418_06 

いろいろいじり倒してみましたが、けっきょく、なんなのかわかりませんでした。
マクラカバーという案も出ましたが、ロゴのある方にファスナーがついていて、寝心地は悪そうです。
第一、こんな小さい枕はあまりないと思う。

どなたか分かる方、教えてください(><)
拍手する

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

The day of Maya ~新バージョン2015発表セミナー~

行ってきました!Mayaだけの1日セミナーです。

http://area.autodesk.jp/event/mayaday/

秋葉原の電気街口改札を出て目の前にあるのが、UDXビルです。
20140417_0 

UDXシアターの前です。
20140417_1 

受付入口です。
 20140417_2aa

内容はMayaの日という事で、Mayaを中心にクリエイティブスイートのお話や、ユーザー事例などてんこ盛り。
途中でストリーミングサーバーのトラブルがあって、15分ほど中断したりとライブ感も満載の(?)なかなか濃い一日でした。

というわけで、内容はまたお伝えするとして、恒例のお土産です。

↓じゃーん。

20140417_3 

・・・・。
・・・・・・・・・・。
なぜ、ぴんく。
で、これ、なんですか?www

拍手する

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Autodesk UNFOLD

突然ですが、へこんでいます(><)

今日はアキバでAutodesk UNFOLDがあって、行かれた方も多いのではと思います。
h://www.info-event.jp/autodesk/unfold2014/ttps

年に一度の、MaxやMayaたちの新製品の発表会です。
バージョン2010から、毎年レポートしてきました。


ですが、今日はどうしても仕事で見に行けませんでしたorz

仮病でも使って発表会を見に行って、ノリノリでレポートを描く事も考えましたが、

ぜったい会社にバレるwww

っていうか、今日の仕事はブッチしたら、立場上すごくまずい!

というわけで、あきらめるしかなかったです(><)

毎年、楽しみにして下さっているみなさん、本当にごめんなさいです。

ツイートを見たらすごく面白かったみたいで、へこみます。

オートデスクさん、ウチの会社でやってくれないかな・・・。

拍手する

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

クリスマスなので頭文字Dのハチロク飾りを作ってみた

みなさんこんにちわ~。

もうすぐクリスマスですね!
今日は、録画していた「頭文字D Third Stage」を見ていたら、ちょうどクリスマスのシーンがありました。
どんなシーンか簡単に説明しますね。

↓拓海とオヤジと茂木の、ささやかなクリスマスパーティーのシーンです。 
 
ID01b.jpg

↓茂木を家に送った後、誰もいない部屋でふと、茂木が持って来たクリスマスツリーを見る拓海。
ID02.jpg 

↓そこには茂木の手作りの、ハチロクのオーナメントが。
ID03.jpg 

↓ハチロクを見つめる拓海・・・。なんだかリア充な感じの良いシーンです。
ID04.jpg 

このあとの展開で、このオーナメントが演出に良い味を出してくれます。

そんな感じで、観終わった後突然、


ハチロクのオーナメントをつくりたくなったーーーーーー!!!www


ええ、ただの気の迷いです。

↓というわけで、早速材料を買って来たw
ID05.jpg 

ちなみに、私は手芸ができますが、なぜか”手芸”とういうと卑猥な言葉に思えるのは気のせいでしょうか・・・?
まあ、腐った大人の妄想は置いておいて、とっとと作り始めてみます。
 

↓まずは型紙を作ります。適当なコピー用紙に描いてカットしました。
ID06.jpg 

↓ハチロクのボディを作るため、白いフェルトに2枚分の型を取ります。
この鉛筆は色鉛筆ではなく、手芸専用のチャコペン。
 
ID07.jpg 

↓ボディをくりぬきます。
ID08.jpg 

↓次にボディの黒い部分を作るために、型紙をカットします。
ID09.jpg 

↓黒いボディ部分は、アイロン接着できるフェルトです。ここもチャコペンで型を取ります。
ID10.jpg 

↓フェルトから切り抜きました。
ID11.jpg 

↓はい、ここまで切り抜いた材料を並べてみます。おお、これだけでもパンダトレノっぽさが出てきました。
ID12.jpg 

↓ではさらに型紙からボディのグレーの部分を切り分けます。
ID13.jpg 

↓パーツが小さいので、チャコペンは使わず、セロテープでフェルトにくっつけて、そのまま切り抜きます。
ID14.jpg 

↓さっきのボディに乗せてみました。こんな感じ。(上の方が小さく見えるけど、パースが付いてるだけです)
ID15.jpg 

↓最後に型紙からガラス面をカットします。
ID16.jpg 

↓これで、全てのパーツは切り抜きました。白いフェルト以外は全部アイロン接着できるフェルトです。
ID17.jpg 

↓パーツの配置に気をつけながら、アイロンでくっつけていきます。
ID18.jpg 

↓全パーツがくっつきました♪
ID19.jpg 

↓さて、ここからは、両面を縫い合わせていきます。
一針、一針、茂木の気持ちになりながら、拓海を想い、縫っていきますw
けして、 涼介や啓介の気持ちになって、拓海を想ってはいけません。。。
 
ID20.jpg 
縫い始めて気が付きましたが、意外にアイロンでくっつけたフェルトが堅かったので、指抜きで針を押し込みながら、ペンチで引きぬいて、縫い進めていきました。

↓さて、だいたい縫い終わったら、綿を詰めていきます。
ID21.jpg 

↓詰めたら、残りを縫います。だいたいこのくらいの厚みかな?
ID22.jpg  
 
↓あとは紐をつけて完成です!わ~い、できたー^^
ID24.jpg 

↓ アニメのカットと比較してみます。
ID25.jpg 
ID26.jpg 
そっくりにできました~♪ 茂木の気持ちも再現できたかな~^^;

↓引いてみると、こんな感じです。ツリーは我が家に無かったので、折角だし似たのを買ってきました。
ID27.jpg 


というわけで、今日は茂木のハチロクオーナメント作りをご紹介しました。
高校生の女子から、手作りのプレゼントって、いいですね~^^


そうそう、「頭文字D Third Stage」は涼介の告白を、いろんなエピソードを通して拓海が受け入れると言う、良いお話でした^^

・・・。

最後にぶち壊してどうすんだ自分orz

ええと、みなさんもハチロクオーナメント作りに挑戦してみてはいかがでしょうか~!

メリークリスマス~~~!

拍手する

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Autodesk 3December 2012

Autodesk 3December 2012
http://www.info-event.jp/autodesk/3dec2012/

みなさんこんにちは!今年も行ってきました!
Autodesk 3December 2012です。
さて、このブログでは制作事例のレポートはAREAや他の方の記事にお任せするとして(おいw)、Autodeskファンらしく誰もレポートしないであろう(ヒドイw)、オートデスクさんのプレゼンをレポートします!


まずはおなじみの外観の、ラフォーレミュージアム六本木です。
20121207_1 

↓開場直後の会場内の様子です。
20121207_2 



■13:00 - 13:15
ご挨拶
 オートデスク メディア & エンターテインメント
 吉崎氏


◆Autodesk360
・コアプラットフォームテクノロジー
 レンダリング
 シミュレーション
 最適化
・ソリューション
 Autodesk PLM360
 Autodesk Simulation360
 Autodesk Fusion360


※PLMとは(Products Lifecycle Management)です。

◆日本のエンターテイメント市場の状況
 3DCGビジネスは1位米国、2位日本
 国内はハイクオリティなコンテンツ制作のニーズがある。
 ソーシャル、モバイル系が2Dから3Dに代わってきている。


◆日本のマーケットでの課題
 ・コストの問題
  ・開発、制作にかかるコストが増大(日本の税制も課題)
  ・複雑な開発プラットフォーム、制作期間の長期化
 ・開発場所の問題
  ・自社
  ・国内外部委託
  ・海外外部委託
 ・人材の問題
  ・より幅広い知識、経験が求められる
  ・新規人材を確保することが困難になっている

◆オートデスクの取り組み
 ・ハイエンドテクノロジの追求
  ・DirectX11テクノロジへの対応
  ・4Kテクノロジへの対応
 ・テクノロジの水平展開
  ・モバイル、ソーシャルゲーム向けソリューション
  ・Smork for Macによるプロフェッショナルな個人の映像ソリューションへの展開
 ・お客様のご意見を製品開発へフィードバック
  ・日本のお客様の声が重要
 ・海外のサポート


◆3Decemberの意義
 ・多くのユーザー様の交流の場
 ・様々な作品、技術手法の成果を共有
 ・オートデスクとパートナーのテクノロジの共有
 ・???(失念しました)
 ・人材交流の場

 ・学生やフリーランスの方へ
  ・CGに関わる文化や産業を支える若い力に期待
  ・幅広い技術、知識、経験などを獲得する機会の増加
  ・コミュニケーション能力も重要


なるほど、オートデスクさんは市場の状況とユーザーのニーズを先読みして、サービス展開をしていこうとしていることが覗えますね。
DCCツールの最大手ともあり、この情報は説得力があるのではないでしょうか。
って、途中書き取り損ねましたorz



■13:15 - 13:35
Autodesk Smoke 2013 デモ
 オートデスク メディア & エンターテインメント
 宋氏 藤田氏


藤田氏(女性)の軽快で萌えな説明に被せての宋さんの補足という、夫婦漫才のような微笑ましいプレゼンでしたw
まず、Smorkって?という説明から始まりました。

↓プレゼン資料を描き起こしましたので、ご覧ください。 ※クリックで拡大します。
20121207_history
で、ただ描き起こしただけじゃつまらんので、皆さんにもお馴染の御三家とMBも追記しました。


なんと!SmorkとMayaは同い年だったんですね!!!
ひょえ~~~~、SmorkのUIはちょっと古さを感じたのですが、まさか同い年だったとは!
ちなみに御三家で最年長のMaxさんはUIをリボンに変えてかっこよくなったようですが、いかんせん縦長に広がるウインドウは寄る年波を隠せない感じですねw
そうそう、2013からはSmorkのUIが、Final Cut ProやPremiereのような、なじみやすいUIに変わりました!


コネクトFXは直感的に操作でき、簡単に色々な編集が可能になったようです。


では以下の各社さんの制作事例では、特に記憶に残ったポイントをお伝えします。

■13:35 - 15:05
デジタル・フロンティア最新制作事例 ~ 師走の豪華 3本立て! ~
 株式会社デジタル・フロンティア
 吉村氏、土井氏、堀部氏、下澤氏

「おおかみこどもの雨と雪」
「biohazard Damnation」
「鉄拳 タッグトーナメント2」

★ポイント
・爆速(着火した瞬間にどこまで広がるか、爆発範囲までの到達の速さの事)
・おっぱい揺らしはMayaのスプラインIKとMaya hair
・モブ作成ツールの名前は、Mocoly(モッコリー)。今は改名してムッツリーになった。



■15:30 - 15:50
スポンサープレゼンテーション
 日本ヒューレット・パッカード株式会社
 エヌビディア ジャパン
★ポイント
・HPZ400が9万円台という、3DCGをやるにしてはお手頃プライス。



■15:50 - 16:50
WOW 流 ヴィジュアルエフェクトの作り方
~SIGGRAPH Electronic Theater 入賞の「SUIREN」メイキング ~ (仮)
 WOW 金原氏

★ポイント
・SUIRENとBIOHAZARD 6 のロゴムービーは、Maxの標準機能を駆使。
・テクスチャー大事。


■17:15 - 18:45
BIOHAZARD 6 メイキングストーリー
 株式会社カプコン
 平林氏、福井氏、黒田氏、宮崎氏、村上氏
 株式会社ジャストコーズプロダクション
 山田氏

★ポイント
・前作の2倍以上のカットシーンは便利ツールとアニメーターの根性。



PV上映中に、なんだか足下がガタガタ、ゾワゾワするなーとしばらく状況が掴めなかったのですが、ふとTwitterを急いで確認したら、「揺れてる!」の文字が。そう、震度4の地震が来ていました。
PV終了後、ざわつく会場にカプコンの方が「もし危なかったら、すぐに逃げて下さいね!」って言って下さったのが嬉しかったです。
その後も、地震警報が鳴ったようでしたが、何事もなくて良かったです。



さて、今年はASK Autodeskが無かったんですが、アンケート用紙に質問欄があって、後日AREA内で公開してもらえるようですので、楽しみに待ちましょう~。


はい、恒例のお土産です~。
20121207_4
2013年バージョンのノートです~^^
アイコンが大きくなってかっこいいですね。


そうそう、会場を出たらイルミネーションが綺麗でした~。
20121207_3 


オートデスクさん、また来年も楽しみしてます~。

講演者の方、参加者のみなさまも、お疲れ様でしたー。

拍手する

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Maya, 3ds Max, Softimage 新バージョン 2013 発表セミナー

Maya, 3ds Max, Softimage 新バージョン 2013 発表セミナー
http://www.info-event.jp/autodesk/anim-sp-seminar/

に行ってきました!
秋葉原駅前のUDXビル4Fにある会場前にあったプレートです。
20120412_1

この中に入ると、受付があり、いつもののぼりがたくさん飾ってありました。

会場はいつもよりちょっと狭くて定員100名くらいの部屋ですが、今回はライブストリーミングも行っていて、わざわざ会場に足を運ばなくても見られるので、会社や自宅から見た人も多かったんじゃないでしょうか。

さて、例によって内容のレポートはまた後日詳しくということで!

いつものように帰り際に、アンケートを提出するとノベルティが貰えました♪
じゃーん。今日のはこれ。
20120412_2 

ん?なんだ、どこでも売ってるただのスケッチブックか。。。

つまんないのー・・・

・・・

と思ったら違ったーっ!!
20120412_3 

こざかしく、さりげなくアイコンとロゴが入ってたー!!!wwww

これはやられましたw

拍手する

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。